読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立川かしめの“志”

立川こしら初弟子,故立川談志初曾孫弟子,立川かしめのブログです

登府屋旅館居残り記2017@登府屋旅館

2/6

 

今朝小野川温泉から東京に帰ってまいりました。

小野川温泉登府屋旅館での落語会は2/5、帰宅は2/7、間の小野川温泉での空白の一日のことを書かせていただきます。

 

旅館に着いて、師匠こしらから一言。

「居残りでお手伝いをして帰ってこい」

 

ということで、お手伝いしてきました!

f:id:tatekawakim:20170206192950j:image
雪下ろし!!

 

 雪深い地域の冬の恒例イベントですが、去年の居残り修行では雪が少なくて出来なかったのです。

 

雪下ろしするのは
f:id:tatekawakim:20170206202534j:image
登府屋旅館の入り口の上にある平らな屋根の部分。

 

なんとなくのイメージはありますが、やるのはもちろん初めて。
f:id:tatekawakim:20170206202002j:image

 スコップを使って雪を掘ります。

 
写真だとわかりづらいですが、
f:id:tatekawakim:20170206202300j:image
僕の腰を超える1メートルくらいの雪が積もっています。

 

これを、
f:id:tatekawakim:20170206202754j:image

 雪を溶かすための温泉が流れ出ているところに落としていきます。

 

これが重い!

冬溜まった雪は下に行くほど重みで密度を増します。さらに足場が悪く、力が入りにくいのに加えて、落とす先は屋根の下。体重をかけ違えると下に落ちてしまうので、怖くて上手くはかどりません。 


見かねた若旦那がスノーダンプと交換してくれました。
f:id:tatekawakim:20170206202855j:image
これがスノーダンプ

 

これで
f:id:tatekawakim:20170206202818j:image

 切り目を入れて塊を、

 
f:id:tatekawakim:20170206202920j:image

 下に落とします。

これでも怖い…

僕のへっぴり腰っぷりは若旦那のFacebookからご覧になれます…

 

 やったことない方には伝わらないと思いますが、これが本当に重労働。
f:id:tatekawakim:20170206202931j:image

 お見苦しいですが、見てくださいこの汗。

精も魂も尽き果てて、やっと終わりかと思いきや…

 
f:id:tatekawakim:20170206202958j:image

 次は落とした雪の片付けです。

このままでは宿に人が入れません。

またもやスノーダンプを使い細かい作業、そして広い範囲は、

 
f:id:tatekawakim:20170206203020j:image
出ました!除雪機!

こう見ると完全に地元の若者です。

 

作業のあとは、近くの喫茶店ぼぬーるさんにて、
f:id:tatekawakim:20170206203105j:image

 名物豆もやしを使ったピラフを頂きました!

エスニック風で美味!

 

 

お疲れ様でした!

 

 


f:id:tatekawakim:20170206203815j:image

 一時間後、私はまた屋根の上にいました。

しかも、吹雪の吹き荒れる中。

 

続いては、旅館の職員寮の屋根の上。

さっきよりも
f:id:tatekawakim:20170206203855j:image

 断然高い位置の屋根です。

寒さのせいか雪もさっきよりふんわりしていて、うっかりすると踏み込めすぎて体ごと真っ逆さまです。怖い!

 

ビビリの僕はヘリに近づきすぎないように
f:id:tatekawakim:20170206203904j:image

 掘って、


f:id:tatekawakim:20170206203910j:image

 捨ててを繰り返します。

若旦那の半分くらいしかできませんでしたが、なんとか終了!お疲れ様でした!

 

今年は雪が少なかったので、今回の一回で済みそう、とのことで、少しでもお役に立てていたらうれしいです。

 

宿に戻ると、
f:id:tatekawakim:20170206221101j:image

 若旦那のお母さんである大女将さんからコーヒーの差し入れが!

ありがとうございます!

体に染み渡る…

BOSSのCMの山田孝之さんが脳裏に浮かびます…

やってやったぜ…

 

なんとなくでしか知らなかった雪下ろし。

これ、やらないと一冬で車が潰れたり、小屋なんて簡単に壊れちゃうそうです。

北国の恐ろしさを実感した一日でした…

若旦那、貴重な体験ありがとうございました!

 

師匠こしらの東北ツアーは次回はGW頃を予定しています!ここ以外にも東北は素敵なとこばかりです!

お近くの方も、それ以外の方も、是非是非足を運んでみてください!

 

 

※※2月の今後の予定※※


2月 10日 (金)
■尻押しの会
午後8時 - 午後11時
場所: 蔵前4273
説明:
伝統芸能【落語】の次世代を担う【前座】さんに注目。 修行中の彼等を【青田􀀊買い】? 街のみんなで【噺家】を育てる60min
◆日時 2月10日(金)20:00~交流開始! 45minの交流時間を経て、最後に一席お披露目 〈演目など、詳細は随􀀊時更新〉
◆会場 蔵前4273 東京都台東区蔵前4-27-3 (都営浅草線大江戸線蔵前􀀊駅より徒歩5分)
◆料金 1,000円 別途ドリンク注文お願いします


2月 11日 (土)
■二つ目を見守る会(未定)
午後8時 - 午後9時
場所: ユーロスペース, 日本, 〒150-0044 東京都渋谷区円山町1-5


2月 15日 (水)
■下北沢 立川談四楼 独演会(前座)
午後6時 - 午後10時
場所: 東京都世田谷区代沢3丁目25-3
説明:
会場/下北沢 北澤八幡神社 参集殿
時間/18:00開演(17:30開場)
木戸􀀊銭/2,500円(一般) 2,000円(会員)
御予約、前売り券はございません。 当日券のみです。開場の17:30より会場受付にて販売致します。
全席自由ですべて桟敷席です。 終演後は会場にて打ち上げを催します。 どなたでも参加して頂けます。 参加費無料。


2月 16日 (木)
■立川かしめ勉強会inコクテイル書房
午後7時 - 午後9時
場所: 日本東京都杉並区高円寺北3丁目8 古本酒場コクテイル
説明: チケット 1500円 ワンドリンク付 ご予約 03-3313-5065 ギャラリー工(こう)


2月 17日 (金)
■立川かしめ勉強会inコクテイル書房
午後7時 - 午後9時
場所: 日本東京都杉並区高円寺北3丁目8 古本酒場コクテイル
説明: チケット 1500円 ワンドリンク付 ご予約 03-3313-5065 ギャラリー工(こう)


2月 20日 (月)
■落語自由形
午後7時 - 午後9時
場所: 渋谷1丁目17-1, 日本, 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1丁目17-1
説明:
出演 林家ひろ木 林家木りん 立川かしめ 19:00開演(18:30開場)
場所 渋谷􀀊CUE702 東京都渋谷区渋谷1-17-1 TOC第2ビル7階 702 渋谷駅より徒歩5分
開演 19:00 料金 1500円 ご予約・お問合せは →hayashiya.rakugokai@gmail.com


2月 26日 (日)
■前座四派の会Vol.7 幸之進卒業記念
午後6時 - 午後8時
場所: お江戸両国亭, 日本, 〒130-0026 東京都墨田区両国4丁目30-4
説明:
日時:2月26日(日)開場17時30分 開演18時
出演:立川幸之進、橘家かな文、三遊亭好也、立川かしめ
会場:お江戸両国亭
予約1000円当日1200円
ご予約はこちらからお願いします http://namaraku-ticket.com